スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タライ&エラー

どうもー放置安定ですtrikeですよ(´へωへ`*)

とらいくちゃんも晴れて高校2年生になりました(´へωへ`*)(´へωへ`*)
美術の授業サボりすぎて単位たりなくなりそうになったのは秘密です(´へωへ`*)


更新しようとは思ってたんですがなかなか管理画面までたどり着くことができず・・・
やっと開けたのでがんばりますー

なんか前回途中まで巻いてあった醜いトランスがありましたね
ずいぶん前ですが巻き切りました(ヤッター

高圧トランス(汚


巻き方が凄く不安ですが動作は良好でした
ちょっと鳴きが大きくてずっと通電は不安になりますが・・・w

例の回路の電圧検出部をブレッドボードに組んで実験してみます

自動停止装置付き充電器

コンデンサの電圧の250Vに達すると電力の供給が止まります
250V820μFの電解コンデンサ4つ並列(100J)でも1~2秒でフル充電になります∠( ゚ω゚)/

ZVSの回路の発熱も少ないので個人的にはマンゾクです
これがコイルガンに実装される日はいつ来るんですかね・・・・


ぱわーな感じの実験はちょっと置いといてAVRのお勉強もしてました

ATmega88p用実験ボード
そこでこんなものを
ATmega8-用の実験ボードになります
AVRはISPで基板に乗せたまま書き込むことができるのでプログラムの確認用に製作しました

7セグメントLEDは4桁ありますがピンの関係上使っているのは3桁('A`)
右上に申し訳程度に乗っているものは温度センサのLM35とオペアンプのLM358です
増幅度は抵抗で5.7倍に設定してあります
室温20度の場合、センサからは200mVが出力されますが、これを増幅して1.14V
それをAVRのA/D変換にぶち込んでプログラム内で計算、表示できるようになっています

こういうものがあるとプログラムの確認が容易にできるようになるのでオススメします(っ^д^c)


AVR関係で、まど(まどにゃん(IGBT(いごばた)))たんにあげる用のAVRライター作りました

AVRライタ1
AVRライタ2

製作したのは、千秋ゼミさんのHIDaspxです 例の有名なやつです

ちょっと弄ったところ
・USBの電圧5Vを3端子レギュレータで降圧、3.3Vにし3.6Vのツェナー省略
・出力につける抵抗100Ωも省略 基板の関係() ちゃんと動きますw

出力のピンを無理矢理ブレッドボードに刺して動作確認しましたがちゃんと認識して書き込むこともできました

うらめん
AVRライタうらめん



ちなみに、ちょっとUSBminiBコネクタのブレッドボードの繋げ方を工夫してみました

このように、基板実装用ですが全然2.54mmピッチではなくユニバーサル基板には実装しにくいです

miniBブレッドボード用
それで片面基板でいいので裏面に足を曲げて表面実装の如くはんだモリモリしましょう
ピンヘッダもつければブレッドボードにUSB端子をつけることもできます!
曲げた太いほうの足も基板に半田付けすれば安定するので抜き差しも安心してできそうな感じ
うん、そんな工夫でもなかった(


なにかあった気がしたけどわすれたのでおわります
思い出したらまた書こうかなw


おまけ

コンデンサヤバイ
昔作ったクソみたいなコンデンサバンクにさっきの充電器で充電していると凄い音がしたので見てみたら悲惨なことに・・・・
電線が耐えられなかったんですかねー 最初に動かしていたときなので心臓が跳ね上がるかと思いました


実験ボード裏1
実験ボード裏2
実験ボード裏3
実験ボードの裏面の過程
無計画さが仇となり表面のジャンパが格式低くなっていますね(´へωへ`*)



ノシ
スポンサーサイト

小説は事実より奇なり

とっくに時計は完成しているのに更新するの忘れていました どもー∠( ゚ω゚)/

前回チョロチョロっと記事書いていたニキシー管時計ですが、ゴニョゴニョっとして完成しました

お写真
ニキシー管時計 ひかってない
ニキシー管時計

やたらジャンパ線が主張してきますが気にしてはいけません

うらめん
ニキシー管時計裏面

一度トランジスタのコレクタとエミッタを間違えるという致命的なミスをして足を配線しなおす羽目になったおかげでなかなかのカオス仕様になっています

ニキシー管のドライバICの手前にある不自然な抵抗は部品配置終わってから追加したプルアップ抵抗です
これがないと変な値が出力されるので忘れないようにしましょう(´・ω・`)


(  ´・ω・`)
まあこんなもんですよね
現在机の上で絶賛稼働中です
これはそのうちHPで記事にまとめるつもりなのでよかったら見てくださいね(^ω^)



ほかにちょっと小ネタ

ATX電源的なもの

これを

中1

ひっぺがす

中2

見えてきました

でっかいとらんす

デター


茹でてコアを摘出

割れちゃった(・ω<)テヘペロ☆


('A`)うわあああああああああああああああ



必殺のアロンアルファでくっつけます
茹でられたトランス


ミッションコンプリート


これに1次側と2次側を12V:200V=24回:400回になるようにコイル巻いていきます

ぐるぐる1

ぐるぐる

ぐるぐる2

ぐるぐるぐる

ぐるぐる3

1次側おわり
あとは2次側を適当に巻いて終わりです

これは最近巷で噂のZVSでのコンデンサ充電器用のトランスになります
昔つくったZVSとヤフオクで買ったコンデンサがホコリをかぶっていたので再び輝けるように・・・・
計算を間違えて1次側が24+24Tになったりいろいろと不安は残りますが、まあなんとかなるでしょう


画像ばかりのブログになってますが、文字オンリーとかよりはマシでしょうw
では、今日はこれで
また放置してしまってすみません・・・・
来週はトランス巻きの続きと時計の仕様説明でもしましょうかね

ノシ

∠( ゚ω゚)/∠( ゚ω゚)/

昨日の続きですー

夕方起きて直ぐにホームセンターに向かいました

そこでこんなものを
温調半田コテ!
螺子+高ナット
急速加熱半田コテとネジ、高ナットですね
こてはいままで使っていた半田コテが大分へたっていたので買い替えです


穴あきアクリル板
昨日切り出したアクリル板
残念な割れ
残念な感じに角が一個割れているの図

これにネジ類をド━(゚Д゚)━ン!!
ついた
(・∀・)イイネ!!

つきました!
ちょっと寸法がずれているのでそのうち修正しますが今は面倒なので∠( ゚ω゚)/放置



その後、秋月から色々と到着
届いたMOSFETをブレッドボードで試作していたんですが....

どう見てもアホです
(   ゚д゚ )ここどうやって繋ぐんだ・・・?

(   ゚д゚ )

( ゚д゚ )


PchとNch間違いました!∠( ゚ω゚)/
回路書いてる時点で気付けよという突っ込みは置いといて某氏に相談

ぶ「こんなんどうなん?」
桁ドライブ回路

これの利点はパーツ代が安く済むことですね
Pchの高耐圧MOSFETを買うと1つ200円ほどしますが上記のものだと60円くらいです

というわけで共立で2SA1091注文してきます・・・・



そんな感じで休日が終わりました(´・ω・`)
長い間放置してスミマセン... 実Dにもそのうち投稿するので見捨てないでください(´;ω;`)

おわりー


おまけ的なアレ


ATX電源
そのうちこれとか分解するかもよー

NchMOSFET
今回の問題児 8個買っちゃったんだけど何に使おうかな・・・・

ノシ

∠( ゚ω゚)/

どもー!お久しぶりですtrikeです
まともにブログ書いたのが3ヶ月前とかもうね・・・ 実Dでも記事かけてないですし
タイピングもらくらくできるようになったのでちゃんと更新します∠( ゚ω゚)/
今回ちょっと長めかも・・・・
2日に分けて書きますね

この3ヶ月間なにもしてなかったわけではないのですが、正直覚えてないので最近のことだけ


まず例のアレ
IN-17超かわいい
これを

ブスッ
さした。

ブスブスブスッ
6本
6本裏
挿して

配線途中
ゴテゴテと配線

IN-17配線裏
|←樹海|     ┗(^o^ )┓三

IN-17配線終わり
\(^o^)/オワタ

一応もう光るよ!
IN-17_9
IN-17_5

上にニュニュッっと出ている線はニキシー管の+極です
ニキシー管はアノードコモンとなっているのでダイナミック制御の場合-極で数字を選択、
+極で桁を選択します

ニキシー管の数字は0~9まで10つありますが、高耐圧トランジスタなどでバカ正直にドライブすると
数字と桁選択のものだけでトランジスタを16個配線することになります ちょっとゲンナリしますね
なので今回はよく使われるIC「SN74141」を使用することになります
SN74141ってなんぞ?って方は「ニキシー管 74141」でググったりこのページとか見てください
ようは2進数の入力を10進数にするデコーダーなんですが、それだけじゃないんです((
これ自体に高耐圧MOSFETが入っていてこれだけでニキシー管の数字を点灯させることができます

今詳しい説明してもアレなので今度HPのほうに説明書いていきますね∠( ゚ω゚)/




それにしても、↑の基板裏の写真 擦れたら直ぐに短絡してしまいそうですね
というわけで基板裏のカバーもちょっとずつ作ります


時計に使っている基板の寸法は72×95mmなのでそれにあわせて

アクリル板1
アクリルカッターでガリガリ

アクリル板3
テッテレー

これを螺子、スペーサー、ナットで基板の裏に付けることにします
四隅に穴をあけるのは明日となりますので

秋月に注文した高耐圧MOSFETとか水晶とか明日届くかなー



とりあえずこれが今日の分です
続きは明日の夜に追記という形で書きますね!
完成はしないので期待はしないでください!

この記事コンパクトにして実Dに載せるかなー
ノシ

相変わらずひどい

どもー・・・

実は骨折してしまってですね
左の人差し指なんですが固定されててタイピングできない&工作できない状態です
明日書くとかいった人がいましたが、嘘だったみたいで

そんなわけで次の更新は2週間後くらいかな・・・
そのときはドパっと書きますのでよろしくお願いします

ノシノシ

プロフィール

trike1236

Author:trike1236
1996年1月23日生まれ
現在無所属の厨房

サイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。